日刊短歌

アクセスカウンタ

zoom RSS MOBY-DICK-白鯨の文体について

<<   作成日時 : 2017/05/07 07:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0


平成29年2017年5月7日日曜日

MOBY-DICK
 白といふ神が鯨に化(ナ)りたまへり

小説『白鯨』は海洋冒険小説である。ロビンソン・クルーソー、ガリバー旅行記、……他海の波ほどある物の一つであるが、それらからは超然として隔絶した世界を構築している。
文体の厳かに絢爛豪華の限りを……文字通り……尽くしてゐる。世界文学史上において、文体の最高最大最深の強さと輝きを持つてゐる。
長大の叙事詩、と褒め称えてよい。
ユーモアの質のなんと気高く、語り手のイシュメール、銛打ちのクィークェグ、……と数え上げてゆけば全登場人物が至高のユーモアの塊である。奇蹟、と言つてよい。

写真は新京極派で
http://shinkyougoku.at.webry.info
日刊短歌
http://yasimahirosi.at.webry.info

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
MOBY-DICK-白鯨の文体について 日刊短歌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる